Noh Jesu(ノ・ジェス,盧在洙)×Japan Dream 2010年07月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒木摩利枝さん♪

私が敬愛している方を紹介しますね。

黒木摩利枝さんです。

黒木さんはファッションデザイナーの三宅一生さんのもとで
企画デザインをされていたという経緯を持っている方で、
その後は形のデザインから形のないデザイン(心)へ関心が移行していき、
色彩心理やヒーリングの研究を深め独立されるようになりました。

私も黒木さんのワークショップに参加したことがありますが、
心とつながった色のイメージができるようになり、
色の重要性に気づかされました。

数多くの方の無限大の可能性を引き出されている方でもあって、
とっても尊敬しています。

黒木摩利枝さんのブログの自己紹介を見ると
素敵な一面を見ることができます♪


プロフィールをご紹介しますね。

青山学院・法学部に在籍し、キャンパスでは歌手の桑田圭介さん、女優の名取優子さんと同世代であった。同時に本来関心の深かった美術系・桑沢デザイン研究所にて、総合的にデザインの基礎(服飾デザイン選考)を習得。卒業後は当時デザイナーズブランドにおいて世界最高峰であった三宅一生氏のもとに就職し、企画デザインに携わる。退社後は、形のデザインから形のない(心)デザインへ関心が移行していき、色彩研究、交流分析心理学、東洋自然思想、カラーセラピー、アートセラピー、ヒプノセラピーなどを学び、各種資格を取得する。1995年から、短大および専門学校において講師を務める。その後、色彩心理、各種セラピー、ヒーリングの研究を深め独立。2000年よりAlter College学長に就任する。
<取得資格>
○文部省認定カラーコーディネーター
交流分析協会認定交流分析
○全米催眠療法協会認定ヒプノセラピスト
スポンサーサイト

内海昭徳オフィシャルサイトができました!

JAPAN MISSION PROJECTの全国実行委員長の
内海昭徳氏のオフィシャルサイトが先日オープンされました!

内海さんの日本への思いを聞くといつも感動します。

共にJAPAN MISSION PROJECTに参加しています。
内海昭徳氏のオフィシャルサイトでは
内海さんが今感じていることを垣間見ることができます。

これからも無限大応援しています。

Noh Jesu氏が語る新しい経済モデル「認識経済」

アメリカのGDPは世界の1500兆円で25%を占めています。
アメリカのGDPの7割は個人消費であり、アメリカの個人消費は世界のGDPの20%を占めています。
今まではアメリカは大量に消費することができていたので日本や海外の国はアメリカに輸出をすることができたのですけれども、金融危機が起きてアメリカの過剰消費がストップしてしまい、日本の製造業は多大な影響を受けています。
あのトヨタでさえ赤字に転落してしまいました。
アメリカは住宅の価値が上がり続けるというもとで国民は住宅を担保にして、借金をして、消費をしていました。サブプライム問題によって多くのアメリカの国民の生活は崩壊し、過剰消費社会アメリカは今や過去の遺物になりつつあります。
物商品を消費して経済を活性化させる時代はもう終わりつつあります。
日本は製造業を中心とした社会から脱却し、今こそ新しい雇用を創出し、新しい経済モデルを日本から世界に広げていく義務があると思います。
麻生首相はあまりにも危機に対応するスピードが遅く、このままでは日本はますます危機に陥ります。
私はNoh Jesu氏が提唱する新しい経済モデル「認識経済」こそ未来の希望であり、未来の雇用創出に必ず結びつくであろうと思っています。
「認識経済」は知識経済でもあります。
今まで未開発だった無意識の世界を論理とイメージによって誰にでも明確に理解することを可能にし、人間の無限の可能性を開花させる教育でもある認識経済。
危機を突破させるには革新が必ず生まれます。
今の社会は変化がとても早く、日本も変化が求められています。
アメリカは変化を選択し、オバマ氏を選出しました。
日本も変化が必要なときです。
私は日本が韓国人であるNoh Jesu氏を受け入れることができるのかどうかにかかっていると思っています。
日本は今までも外から取り入れ、新しく創造してきました。
まだまだ韓国人に対する偏見が強い日本人が自ら変化をし、Noh Jesu氏を受け入れ、希望の経済「認識経済」を胎動させることができるのか。
今がとても危機であり、チャンスだと思います。
麻生首相にまかせていては日本は沈没するのは目に見えています。
政府が明確なビジョンを提案しないのなら、私たち国民から新しい雇用を創出していかなければいけません。
日本に13年間在住し、日本を13年間に渡って希望と語り続け、命をかけて人類のために、日本のために「認識経済」を胎動させようという今までにないチャレンジをしているNoh Jesu氏を日本が受け入れるのかどうか。
私はそんなNoh Jesu氏に希望を感じていますし、これからも応援していきます。

Noh Jesu(ノ・ジェス, 盧在洙)が語る剰余発生メカニズムとは?

さて、Noh Jesu氏が語る剰余発生メカニズムとは何でしょうか?
剰余発生メカニズムとは1から2を生み出すメカニズムのことをいいます。
このメカニズムを知ることはとても大事なことです。
なぜなら宇宙、企業、人間などすべての存在がこの1から2を生み出す
剰余発生メカニズムによって成り立っているからです。
もちろん企業も剰余発生メカニズムによって経営が成り立っています。
100億から200億になれば事業は続けられますが100億から50億に減ってしまえば会社は倒産してしまいます。
要するに剰余発生メカニズムを理解するということは一見現実的なことに対して何の意味もないかもしれないと思いやすいのですが、企業が利益を生み出す仕組みも剰余発生メカニズムによって成り立っていることがわかります。
その剰余発生メカニズム、シンプルから複雑な世界がどうやって生まれたのか、1から2がどうやって生まれたのか、この根本のメカニズムを知ることは、存在の基本単位、認識の基本単位、あり方を知ることとつながるのです。
何もない無から宇宙がどうやって生まれたのか、宇宙からどうやって銀河
系、太陽系が生まれたのか、そして、企業がどうやって1から2の利益を生み出しているのか。
剰余発生メカニズムを明確に論理とイメージで理解することができる学問がHITOTSU学の世界なのです。

banner2
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。