Noh Jesu(ノ・ジェス,盧在洙)×Japan Dream 2010年08月14日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜNoh JesuはJAPANMISSIONを語るのか

なぜ、Noh Jesuは一貫してJAPAN MISSIONを語るのか。
まずその前にビルゲイツの話をしましょう。
ビルゲイツはパーソナルコンピュータを世界に広げましたが、
もしビルゲイツがアフリカで生まれていたら、彼は
パーソナルコンピュータが一番広がる国をパートナーとして選んでいるでしょう。
Noh Jesuは日本の福岡で次元上昇したHITOTSUのイメージを発見し、そのイメージを体系化して、HITOTSU学を創りました。
HITOTSU学が最も広がりやすいのが日本であると彼は確信し、日本から68億人を幸せにさせる決断の元でスタートしたのです。
それではなぜ、韓国ではなく、アメリカではなく、中国ではなく、彼は日本をパートナーとして選んだのでしょうか?
Noh Jesuがよく語ることに
日本人は思いやりの心、繊細な心があると言います。
私たちは日本に生まれ、他の民族の人と交流する機会にもなかなかめぐり合うことがないですから、ピンとこない人が多いかと思いますが、
自分のことを先に考えるのではなく、相手のことを先に考えるというのは、
世界から見て日本だけであると言うのです。
他の国、例えば、韓国やアメリカはどうでしょうか?
特にアメリカでは自分のことを主義主張するのが当たり前で、いかに自分がすごいのかをアピールすることが当たり前です。
日本では自分のことをアピールすることよりかは相手を立てるのが当たり前の文化があります。
Noh Jesuはそのことを次元が違う文化であると言っているのです。
そのことと日本がHITOTSU学と最もよきパートナーであるということはどのようにつながっているのでしょうか?
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。