Noh Jesu(ノ・ジェス,盧在洙)×Japan Dream Noh Jesu氏が語る新しい経済モデル「認識経済」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Noh Jesu氏が語る新しい経済モデル「認識経済」

アメリカのGDPは世界の1500兆円で25%を占めています。
アメリカのGDPの7割は個人消費であり、アメリカの個人消費は世界のGDPの20%を占めています。
今まではアメリカは大量に消費することができていたので日本や海外の国はアメリカに輸出をすることができたのですけれども、金融危機が起きてアメリカの過剰消費がストップしてしまい、日本の製造業は多大な影響を受けています。
あのトヨタでさえ赤字に転落してしまいました。
アメリカは住宅の価値が上がり続けるというもとで国民は住宅を担保にして、借金をして、消費をしていました。サブプライム問題によって多くのアメリカの国民の生活は崩壊し、過剰消費社会アメリカは今や過去の遺物になりつつあります。
物商品を消費して経済を活性化させる時代はもう終わりつつあります。
日本は製造業を中心とした社会から脱却し、今こそ新しい雇用を創出し、新しい経済モデルを日本から世界に広げていく義務があると思います。
麻生首相はあまりにも危機に対応するスピードが遅く、このままでは日本はますます危機に陥ります。
私はNoh Jesu氏が提唱する新しい経済モデル「認識経済」こそ未来の希望であり、未来の雇用創出に必ず結びつくであろうと思っています。
「認識経済」は知識経済でもあります。
今まで未開発だった無意識の世界を論理とイメージによって誰にでも明確に理解することを可能にし、人間の無限の可能性を開花させる教育でもある認識経済。
危機を突破させるには革新が必ず生まれます。
今の社会は変化がとても早く、日本も変化が求められています。
アメリカは変化を選択し、オバマ氏を選出しました。
日本も変化が必要なときです。
私は日本が韓国人であるNoh Jesu氏を受け入れることができるのかどうかにかかっていると思っています。
日本は今までも外から取り入れ、新しく創造してきました。
まだまだ韓国人に対する偏見が強い日本人が自ら変化をし、Noh Jesu氏を受け入れ、希望の経済「認識経済」を胎動させることができるのか。
今がとても危機であり、チャンスだと思います。
麻生首相にまかせていては日本は沈没するのは目に見えています。
政府が明確なビジョンを提案しないのなら、私たち国民から新しい雇用を創出していかなければいけません。
日本に13年間在住し、日本を13年間に渡って希望と語り続け、命をかけて人類のために、日本のために「認識経済」を胎動させようという今までにないチャレンジをしているNoh Jesu氏を日本が受け入れるのかどうか。
私はそんなNoh Jesu氏に希望を感じていますし、これからも応援していきます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。